“それはセンスの問題だ”(ⅲ)

”〇〇はセンスの問題だ”という文言には、センスということばによって瞬時に結論付けられ、あたかも聞くものを切り捨てるような独特な作用がある。このような働きをするセンスとは一体何なのか。前回とりあえず、国語辞典を引き、センスの第一の意味が、”微妙な感じ(味わい)を知る(感じ取る)心の働き”と集約されることを確認した。(以下、”第一の意味”の”第一の”を略し”意味”と記す)。そうしたセンスの意味と聞くものをたじろがせてしまう独特の作用の関係は自明ではないけれど、まず、センスの意味が何処から来るのか、気になるところだ。センスの原語senseに由来を尋ねるのは自然なことだろう。とはいえ、カタカナ外来語にはそのシンプルなイメージとは裏腹に、一般に複雑な背景が潜んでいる。どうやら、”センス”という外来語はその典型らしく、後で分かることだが、原語senseの語意とセンスの意味の対応は複雑を超えている。以下では、センスの原語senseに焦点を当て、センスとsenseの意味の間の錯綜した関係を眺め、その上でセンスと感性の繋がりも検討したい。

まず、センスの原語”sense”の語意を、英和辞書(大修館ジーニアス英和大辞典)で調べてみる。以下、取りあえず、名詞の上位の意味から順に記す;             ①感覚、                                 ②a;(・・・に対する)認識力、判断力、センス、・・・感、b;(・・・に対する)自覚、観念、 ③(・・・する)良識、思慮分別、道理にかなったこと、常識、            ④(・・・という)感じ、気持、感触、                        ⑤正気、意識、本性、本心、                          ⑥意味、意図、趣旨、                            ⑦価値、意義、効果、                            ⑧以下、省略。

これから直ちに分かるのは、日本語のセンスとは対照的に、原語senseには、数多くの語意が含まれていることだろう。当然、センスと原語senseの意味に1:1の対応はない。さらに、意外なのは、senseの語意には日本語のセンスということばの特徴である「物事の”微妙な”感じ」の”微妙な”に相当することばが見当たらないことだ。ここには、原語senseの語意の中にセンスの意味が明示的には含まれていない、という奇妙な状況が見られる。(ただし、②で、認識力、判断力の後に”センス”とあるが、このセンスとは何のことなのだろう。原語senseに由来するセンスを、原語の語意として充てるのは辞書として不適格である。) こうした奇妙な事態は、一体何を示しているのだろう。私たちはセンスの意味を探ぐる作業を始めたのだが、想定外のことに出会ったらしい。端的に云うと、言語世界の脆い断層に当たったのである。つまり、外来語(翻訳語を含め)を使用するとき、上述した原語と外来語としての日本語の間にある語意のズレ(違い)が、常に存在しているということなのだ。例として、もし、センス(日本語)をsense(原語)に機械的に置き換えるとすれば、意味のない(ナンセンスな)言葉が生れてしまう訳だ。簡単に答えを出せる話ではないけれど、そこには理科系の人も避けて通れない我が国の情報化の基本的課題の一つがあると思うのである。

Sakura(2)

図3-1.日本人の感性

日本語のセンスの意味に含まれる”物事の微妙な感じ”は日本語特有のニュアンスのようにも思われるが、それに対応したことばが英語にあるだろうか、とりあえず再び辞書を引いてみよう。答えとしては、ひとまず、senseとは別なsensibilityということばが近いと云えそうである。つまり、sensibilityの意味 には、                    1.(芸術・倫理などに対する)識別能力、感性。                 2.(・・・に対する)敏感さ。                          3.(傷つきやすい)感情、細やかな神経。                    などが挙げられているからだ。ちなみに、sensibilityの語源が後期ラテン語のsensibilitasであることも記されている。ここまでくれば、語形から、sensibility=sense+abilityと分け、sensibilityがsense(=センス)とは別の語であることははっきりしてくる。云い換えると、日本語のセンスの原語はsenseであるけれど、センスの意味に近い語はsenseではなくsensibility なのである。 上のsensibilityの語意には”感性”が含まれている。感性ということを一言で説明せよと云われた時、筆者は”感性とはセンスのこと”、と云うことにしてるが、正確には、”感性とはsensibility”、と云い直さなければならないことになる。

センスにまつわるここまでの話では細かい議論に手間取ってしまったが、ようやく、センスの意味と原語を結びつける道として、センスの意味”物事の微妙な感じ(よさ)を知るこころの働き”に対応する原語はsenseではなく、sensibilityが対応している、という本筋が現れて来たようだ。

しかし、センスの第二の意味に目を向けた場合、sensibilityではセンスの(第二の)意味のバラつきを説明できそうにない、さらに、上で棚上げしたセンスの第一の意味と聞くものをたじろがせるような作用との関係など、センスについては未だ多くの議論が残されている。こうした事を捉えるには、英語などの個別言語が扱う範囲をこえ、歴史的にセンスという語が作られた思想の領域に立ち入らなければならないようだ。

次回これらをまとめて取り上げてみたい。

長島 知正  (2016-11-13)

 

 

 

 

 

 

 

 

”それはセンスの問題だ”(ⅱ)

考えようによっては、”〇〇はセンスの問題だ”という文言の対象範囲が極めて広いという事実は驚くべきことである。何故なら、論理的な正当化という近代が要請する手続きを取っていないとは云え、その文言は、それ次第で事態が大きく変わるような場面で、一瞬のうちになされる判断だからである。

分かり易い例が、従来重要な研究対象と見做されてこなかったスポーツの分野に多く見られるようだ。身近な例としては、サッカーにおける選手達はそのような判断(=センス)の良し悪しによって、評価がなされる典型だろう。他の球技スポーツもほとんど同様に思われるが、さらに興味あるのは、歴史的経緯などが異なっている武道などにもそれに通じるものがあるように見えることである。いずれにせよ、ここで重要なことは、スポーツと云っても、選手の能力は単に筋肉を動かす運動能力ではなく、状況を見極める知的な能力としての判断で評価されている点である。その判断は勿論、時間をかけてなされる論理的推論ではなく、一瞬のうちに下されものでなければならない。私たち見るものは、優れた選手の一瞬の判断(=センス)のすばらしさに魅せられるのである。

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%88%ef%bc%92%ef%bc%89%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%84%ef%bc%89

図2-1 魅力はセンスの問題!

”それはセンスの問題だ”という文言が、”センス”ということばによってあたかも聞くものを切り捨てるような独特の雰囲気を産み出し、また一流のサッカー選手の一瞬の判断によって見るものを釘づけにする、そのような効果はどうして生まれるのだろうか。興味をそそる課題である。以下では、センスと云う語の意味を立ち入って検討し、センスとは何かについて掘り下げてみよう。

前回、国語辞典(集英社)を引くことによって、センスとは「物事の微妙な味わいを鋭敏に感じ取る能力」とひとまず考えた。しかし、センスは外来語であるから、国語辞典の編者や執筆者の観点によって、センスの語意の採択や解釈に違いがあることも考えられる。そこで、手元にある幾つかの国語辞典で”センス”を比べてみた。すると、

[1]「物事の微妙な味わいを鋭敏に感じ取る能力。感覚。」(集英社)、       [2]①「物事の微妙な感じ(よさ)を知る心の働き。」、②「普通の人なら当然持っているはずの感覚。常識。」(三省堂)、                        [3]①「物事の微妙な感じをさとる働き・能力。感覚。」、②「思慮。分別。」(広辞苑)

となった。これより、”細かな違い”を気にしなければ、センスの第一の意味は、物事の微妙な感じを捉える働き・能力と云って良い。”細かな違い”に関しては、[1]と[3]には”感覚”ということばが付け加えられているが、[2]ではそれがないことによる。つまり、センスの第一の意味は基本的に、物事の微妙な感じ(味わい、よさ)を知る(感じ取る)(心の)働きとくくれるとして、”感覚”という語が並置されている[1]、[3]では、その働きがこころと感覚双方(知覚と感覚)により、他方[2]では、それは、もっぱらこころの働き(知覚)によるもので、感覚は関与しないと捉えていると、解釈できるだろう。だとすれば、この違いは結局、感覚と知覚を区別して考えるか、区別できないとするかという立場の違いに帰着すると云えそうである。

感覚と知覚の関係の取り扱いは厄介な問題をはらんでいるけれど、ここでは、感覚と知覚が区別できるとして、第一の意味に現れた”センス”の特徴について考えたい。[1]、[2]、[3]の第一の意味に書かれた”センス”は、幸い「事物の微妙な感じ(味わい)」を「知る(悟る、感じ取る)」というコンパクトな形にまとめられる。これより、国語辞典を比較した結果は、「センスの第一の意味は、物事の微妙な感じ(味わい、よさ)を知る(感じ取る)心の働き」と集約されよう。

この要約のポイントは、センスは、”感じる”ことによる一瞬で行う判断であるが、感覚器官による感覚(感じる)とは、”こころ(精神)で知る(感じ取る)”という点で概念的に区別される、ということにある。この”こころの働き”は、勿論、論理的段階を踏んで判断し結論づける過程とは別のものである。そうした事の反映が、”センスのいいデザイン”とか、”ユーモアのセンス”といった既成の表現に見られるが、センスで大切なことは、埋もれている表現を見出すことだろう。意外な発見の契機がそうした表現の工夫の中にこそあるからである。

一方、センスの第二の意味については、[2]は、「普通の人なら当然持っているはずの感覚。常識。」、また[3]では、「思慮。分別。」とある。それらの意味は異なって見える。 結局、外来語センスの意味として、上で議論した「物事の微妙な感じを知る」という第一の意味がどのようにできたのか、さらに第二の意味が何故バラついているか等を理解するには、センスの原語”sense”にその由来を尋ねる必要がある。

考えるに、センスの原語senseには、 nonsense(無意味)、sixth sense(第六感), common sense (常識、共通感覚)等、日本語としては一見無関係のように見える、興味深い語が連なっている。この辺りには多くの話題が残されているけれど既に予定の紙幅を大幅に超えてしまった。それらについては、稿を改めて考えることにしたい。

長島 知正 (2016-10-28)

 

 

 

 

 

 

”それはセンスの問題だ”(ⅰ)

我が国で、”それはセンスの問題だ”と実際云ったことがある人は余り多くないかも知れないが、そのことばには下に述べるような一種独特の響きがある。その文言が発せられる場面を考えると、会話の中で話題にのぼった判断について、その根拠が問われていることが多い。だが、根拠を与えるべき場面で、ただひとこと”それはセンスの問題だ”という答えが返ってくるのである。その時、”センスって何?”と聞けば良いのだが、実際に聞くことははばかられてしまう。その文言はそういう特殊な雰囲気を産むのである。だから、それは聞いた者にそれ以上話を進める気を失なわせ、せいぜい”ああ”、とか”そうだね”と云わせる、一種の問答無用な断定とも云える。

”それはセンスの問題だ”という答え方は、直感による断定と云えるが、それは明らかに、問われたことに対して、根拠となる理由を論理に従って明示的に答える、近代の科学的思考とは異なっている。その文言は科学的、あるいは理性的思考法と相いれないものだから、センスそれ自体、あるいは、センスに頼った直感的判断などは良くないもの、出来るだけ使ってはいけないものと見做そうという気持ちは故なきことではない。そのためかは知らないが、我が国では古くから、”山勘(やまかん)”ということばが”当てずっぽう”でいい加減な予想の代名詞とされてきた。

しかし、そういう答えや態度が科学的なものと相いれないが故に、どこかで反科学的で、意味のないものとか誤ったものといったひどい誤解を産んではいないだろうか。”それはセンスの問題だ”と云う時、論理的な方法によっては当面結論が導けなくても、その代わり直感的判断で結論が得られることも示唆しているのである。誰しも身の周りの出来事の中で、例えば、外見がすっかり変わった友人を瞬時に認識したりするような、科学的に結論を導けそうにないにも拘らず、直感によって言い当てるという経験を一度ならずしているはずだ。

このように功罪相半ばし、一見捉えどころなく見える”センスの問題”について、詳しい様相に立ち入るには、センスの意味を掘り下げる必要がある。

 

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%88mangatop-info%ef%bc%89

   図1-1.音楽はセンスの問題だ

取りあえず、国語辞典(集英社)で”センス”の語意を調べてみると、”物事の微妙な味わいを鋭敏に感じ取る能力。感覚。”とある。大掴みすれば、下線部にあるセンスの説明は私たちの経験と整合したものと云えるだろう。

ところで、その語意を受け入れるとした時、”それはセンスの問題だ”という文言はどのような分野に適応するのだろう。広い分野に及ぶことは容易に見当がつく。何故なら、”それ”に代入出来る語は非常に広いからである。仮に芸術関係を想定すれば、例えば”芸術はセンスの問題だ”という”まともな”文言になる。また、芸術をいろいろ分けて、例えば”作曲はセンスの問題だ”のようにも使える。芸術関係以外はどうだう。”数学はセンスの問題だ、あるいは”理論物理はセンスの問題だ”等もOKのようである。また、サッカーなどのスポーツでも、十分使える。こうしてみると、”〇〇はセンスの問題だ”の〇〇に該当する分野のすそ野の広がりは恐ろしい程だ。これは、センスが理系・文系と云った既存の学問の枠はもとより、芸術、産業、スポーツのような社会的に作られた壁をはるかに越え、広く機能するポテンシャルを示していると思うのである。

長島 知正      (2016-10-17)

 

 

 

 

「我感じる、故に我あり」(一)

表題の「我感じる、故に我あり」は、云うまでもなくデカルトのつぶやき「我思う、故に我あり」をもじったものである。デカルトのことばは余りに有名だから、ここでその解説を繰り返すことはしない。しかし、「我思う、故に我あり」という文言の意味は誰からみても明らかなのだろうか、筆者は必ずしもすっきりしないものを永年感じてきた。

表題の「我感じる、故に我あり」は、感性工学”という得体の知れないものに十数年前出会って間もなくふっと浮かんだことばであるが、その時以来、デカルトのつぶやきは良くて、「我感じる、故に我あり」は何故ダメなのか、気になりながら時間が経ってしまった。

最近、デカルトを読み直す機会があった。少しだけデカルトが「我思う、故に我あり」とつぶやいて真理を発見する場面を想像してみよう。そこでは、「我思う」という前段の命題から「我あり」という真理発見に至る過程が、「故に」により導かれる形式論理的推論によるか、あるいは推論ではなく直感的判断によるかの議論は今日に至っても未だ分かれているようだ。

こうした議論を踏まえ、改めて「我感じる、故に我あり」を考えてみると、「我の存在」を「我感じる」から論理によって推論していると考えることは出来ないだろう。何故なら、「我感じる」という前段は、個人によって真偽が変わるため、命題とは云えないからだ。であれば、上記の議論のように、「我感じる、故に我あり」を直感的判断として考える時、それはダメだという納得いく理由はなさそうである。もちろん、「我感じる、故に我あり」は「我が感じている」ことを一種の根拠に「我の存在」を捉えているという以上のものではないけれど、”感る”は、”思う(考える)”が立ち上がる前に働くから、より根源的なレベルから我の存在を捉えようとした文言である。 それ故、近代のシンボルであったデカルトのつぶやきに代わって、「我感じる、故に我あり」は感性を軸に据えた文言として、これからの時代のシンボルにふさわしいかも知れない。だが、仮に「我の存在」が云えたとしても、我以外のものの存在を何らかの方法で捉えることが問題である。

長島 知正 (2016-10-06)

不定期コラムについて

今まで哲学、芸術等のカテゴリーに分類されていた読み物が”読み物”という一つのコーナーにまとめられました。そこにある個々の読み物は、本サイトの主旨に関連して、一つのまとまった文になっていますが、この”読み物”コーナの個々の読み物の中に本サイトの基本となる考えがあります。そのため、読み物にある文が堅苦しい印象を与えるという批判もあると思います。
こうした問題もこれから少しずつ解決していきたいと考えていますが、とりあえず、もう少し、気軽に本サイトの主旨に近づけるようにするため、読み物ほどにまとめていない段階の記事を”不定期コラム”として掲載することにしました。

このコラムはタイトルにあるように不定期で、また長さも短めの記事を対象にしています。記事の更新を容易にするため、とりあえず不定期の形としていますが、同時に、このコラムのコーナーでは、特別ゲストを招いて、気軽な形で本サイトに関連したご意見を頂くつもりです。 ご期待ください。

なお、”読み物”コーナーにある、”感性とことば”の第五回目”感性とことば(5)”が大変遅くなりましたが、ようやく完成しました。近日中に公開されます。(長島知正)