”それはセンスの問題だ”(ⅰ)

我が国で、”それはセンスの問題だ”と実際云ったことがある人は余り多くないかも知れないが、そのことばには下に述べるような一種独特の響きがある。その文言が発せられる場面を考えると、会話の中で話題にのぼった判断について、その根拠が問われていることが多い。だが、根拠を与えるべき場面で、ただひとこと”それはセンスの問題だ”という答えが返ってくるのである。その時、”センスって何?”と聞けば良いのだが、実際に聞くことははばかられてしまう。その文言はそういう特殊な雰囲気を産むのである。だから、それは聞いた者にそれ以上話を進める気を失なわせ、せいぜい”ああ”、とか”そうだね”と云わせる、一種の問答無用な断定とも云える。

”それはセンスの問題だ”という答え方は、直感による断定と云えるが、それは明らかに、問われたことに対して、根拠となる理由を論理に従って明示的に答える、近代の科学的思考とは異なっている。その文言は科学的、あるいは理性的思考法と相いれないものだから、センスそれ自体、あるいは、センスに頼った直感的判断などは良くないもの、出来るだけ使ってはいけないものと見做そうという気持ちは故なきことではない。そのためかは知らないが、我が国では古くから、”山勘(やまかん)”ということばが”当てずっぽう”でいい加減な予想の代名詞とされてきた。

しかし、そういう答えや態度が科学的なものと相いれないが故に、どこかで反科学的で、意味のないものとか誤ったものといったひどい誤解を産んではいないだろうか。”それはセンスの問題だ”と云う時、論理的な方法によっては当面結論が導けなくても、その代わり直感的判断で結論が得られることも示唆しているのである。誰しも身の周りの出来事の中で、例えば、外見がすっかり変わった友人を瞬時に認識したりするような、科学的に結論を導けそうにないにも拘らず、直感によって言い当てるという経験を一度ならずしているはずだ。

このように功罪相半ばし、一見捉えどころなく見える”センスの問題”について、詳しい様相に立ち入るには、センスの意味を掘り下げる必要がある。

 

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%88mangatop-info%ef%bc%89

   図1-1.音楽はセンスの問題だ

取りあえず、国語辞典(集英社)で”センス”の語意を調べてみると、”物事の微妙な味わいを鋭敏に感じ取る能力。感覚。”とある。大掴みすれば、下線部にあるセンスの説明は私たちの経験と整合したものと云えるだろう。

ところで、その語意を受け入れるとした時、”それはセンスの問題だ”という文言はどのような分野に適応するのだろう。広い分野に及ぶことは容易に見当がつく。何故なら、”それ”に代入出来る語は非常に広いからである。仮に芸術関係を想定すれば、例えば”芸術はセンスの問題だ”という”まともな”文言になる。また、芸術をいろいろ分けて、例えば”作曲はセンスの問題だ”のようにも使える。芸術関係以外はどうだう。”数学はセンスの問題だ、あるいは”理論物理はセンスの問題だ”等もOKのようである。また、サッカーなどのスポーツでも、十分使える。こうしてみると、”〇〇はセンスの問題だ”の〇〇に該当する分野のすそ野の広がりは恐ろしい程だ。これは、センスが理系・文系と云った既存の学問の枠はもとより、芸術、産業、スポーツのような社会的に作られた壁をはるかに越え、広く機能するポテンシャルを示していると思うのである。

長島 知正      (2016-10-17)