”それはセンスの問題だ”(ⅱ)

考えようによっては、”〇〇はセンスの問題だ”という文言の対象範囲が極めて広いという事実は驚くべきことである。何故なら、論理的な正当化という近代が要請する手続きを取っていないとは云え、その文言は、それ次第で事態が大きく変わるような場面で、一瞬のうちになされる判断だからである。

分かり易い例が、従来重要な研究対象と見做されてこなかったスポーツの分野に多く見られるようだ。身近な例としては、サッカーにおける選手達はそのような判断(=センス)の良し悪しによって、評価がなされる典型だろう。他の球技スポーツもほとんど同様に思われるが、さらに興味あるのは、歴史的経緯などが異なっている武道などにもそれに通じるものがあるように見えることである。いずれにせよ、ここで重要なことは、スポーツと云っても、選手の能力は単に筋肉を動かす運動能力ではなく、状況を見極める知的な能力としての判断で評価されている点である。その判断は勿論、時間をかけてなされる論理的推論ではなく、一瞬のうちに下されものでなければならない。私たち見るものは、優れた選手の一瞬の判断(=センス)のすばらしさに魅せられるのである。

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%88%ef%bc%92%ef%bc%89%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%84%ef%bc%89

図2-1 魅力はセンスの問題!

”それはセンスの問題だ”という文言が、”センス”ということばによってあたかも聞くものを切り捨てるような独特の雰囲気を産み出し、また一流のサッカー選手の一瞬の判断によって見るものを釘づけにする、そのような効果はどうして生まれるのだろうか。興味をそそる課題である。以下では、センスと云う語の意味を立ち入って検討し、センスとは何かについて掘り下げてみよう。

前回、国語辞典(集英社)を引くことによって、センスとは「物事の微妙な味わいを鋭敏に感じ取る能力」とひとまず考えた。しかし、センスは外来語であるから、国語辞典の編者や執筆者の観点によって、センスの語意の採択や解釈に違いがあることも考えられる。そこで、手元にある幾つかの国語辞典で”センス”を比べてみた。すると、

[1]「物事の微妙な味わいを鋭敏に感じ取る能力。感覚。」(集英社)、       [2]①「物事の微妙な感じ(よさ)を知る心の働き。」、②「普通の人なら当然持っているはずの感覚。常識。」(三省堂)、                        [3]①「物事の微妙な感じをさとる働き・能力。感覚。」、②「思慮。分別。」(広辞苑)

となった。これより、”細かな違い”を気にしなければ、センスの第一の意味は、物事の微妙な感じを捉える働き・能力と云って良い。”細かな違い”に関しては、[1]と[3]には”感覚”ということばが付け加えられているが、[2]ではそれがないことによる。つまり、センスの第一の意味は基本的に、物事の微妙な感じ(味わい、よさ)を知る(感じ取る)(心の)働きとくくれるとして、”感覚”という語が並置されている[1]、[3]では、その働きがこころと感覚双方(知覚と感覚)により、他方[2]では、それは、もっぱらこころの働き(知覚)によるもので、感覚は関与しないと捉えていると、解釈できるだろう。だとすれば、この違いは結局、感覚と知覚を区別して考えるか、区別できないとするかという立場の違いに帰着すると云えそうである。

感覚と知覚の関係の取り扱いは厄介な問題をはらんでいるけれど、ここでは、感覚と知覚が区別できるとして、第一の意味に現れた”センス”の特徴について考えたい。[1]、[2]、[3]の第一の意味に書かれた”センス”は、幸い「事物の微妙な感じ(味わい)」を「知る(悟る、感じ取る)」というコンパクトな形にまとめられる。これより、国語辞典を比較した結果は、「センスの第一の意味は、物事の微妙な感じ(味わい、よさ)を知る(感じ取る)心の働き」と集約されよう。

この要約のポイントは、センスは、”感じる”ことによる一瞬で行う判断であるが、感覚器官による感覚(感じる)とは、”こころ(精神)で知る(感じ取る)”という点で概念的に区別される、ということにある。この”こころの働き”は、勿論、論理的段階を踏んで判断し結論づける過程とは別のものである。そうした事の反映が、”センスのいいデザイン”とか、”ユーモアのセンス”といった既成の表現に見られるが、センスで大切なことは、埋もれている表現を見出すことだろう。意外な発見の契機がそうした表現の工夫の中にこそあるからである。

一方、センスの第二の意味については、[2]は、「普通の人なら当然持っているはずの感覚。常識。」、また[3]では、「思慮。分別。」とある。それらの意味は異なって見える。 結局、外来語センスの意味として、上で議論した「物事の微妙な感じを知る」という第一の意味がどのようにできたのか、さらに第二の意味が何故バラついているか等を理解するには、センスの原語”sense”にその由来を尋ねる必要がある。

考えるに、センスの原語senseには、 nonsense(無意味)、sixth sense(第六感), common sense (常識、共通感覚)等、日本語としては一見無関係のように見える、興味深い語が連なっている。この辺りには多くの話題が残されているけれど既に予定の紙幅を大幅に超えてしまった。それらについては、稿を改めて考えることにしたい。

長島 知正 (2016-10-28)