“それはセンスの問題だ”(ⅳ)

前回までの簡単な復習から始めよう。”○○のセンス”という言葉や”それはセンスの問題だ”という文言は極めて広い分野で、とりわけ事象の局面を左右するような場面で使われている。問題はそうしたセンスとは一体何なのかである。前回まで、センスの働きをことばから探るべく、国語辞典でセンスの語義を、続いてセンスの原語senseの語義を英和辞典で調べた。しかし、こうした言語世界の探索は、センスとは何かに対する答を導くというより、逆に問題を拡散させるという、外来語が抱える問題を露わにしてしまった。となれば、センスとは何かを捉えるには、言語の世界をこえた思想の領域に入る必要があるようだ。

当面する課題は二つある。中でも肝心なのは、センスの第一の意味、”物事の微妙な感じ(よさ、味わい)を知る(感じ取る)心の働き”と”それはセンスの問題だ”という文言が含意する「様々な事象に一瞬のうちに結論を下す」というセンスの関係は自明ではなく、それらはどう結びつくのか、という問題だろう。もう一つは、センスの第二の意味がバラついているように見えることだ。

はじめの課題から始めよう。センスの第一の意味は、物事の微妙な感じ(よさ、味わい)を知る(感じ取る)こころの働きである。一方、”それはセンスの問題だ”という文言の方では、物事の微妙な感じ(よさ)とか味わいに特に注目している訳ではない。両者はセンスに着目していても、想定している対象は一般に異なっている。また、そうした対象の違いに加え、記述の仕方にも違いがある。ここで、”○○はセンスの問題だ”という文言で、○○に代入可能な対象は、芸術や科学など従来議論されてきた分野にとどまらず、それらとは非常に異なる、例えば、サッカー等のスポーツや武術等の分野にも及びそうだということを思い起こそう。そうした広い領域に通用するセンスには、近代の枠組みが見失った、分野を繋ぐ横糸が潜んでいるかも知れないと思うのである。

%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%84図4-1 サッカーはセンスの問

前回、センスの第一の意味は辞書の中で原語senseの意味と大きく食い違っていると云った。とは云え、senseの最も基本的な意味は”感覚”(感じる)にあると考えてよいのでないだろうか。ここで、”感覚”とはいわゆる感覚器によって感じられる”感覚”を指す。何故なら、そうした”感覚”は広く動物が生きていく上で必須のものであって、その重要性が”感覚”をsenseの第一の意味に置いた理由のハズだからだ。

”感覚”というsenseの最も基本的な意味が、(外来語の)センスでは消えたのは、国語辞典の編纂者/担当者が哲学や美学関係者だからと考えるのは筆者の思い込みだろうか。もし、理科系の人がいれば、そうならなかったのではないか。いずれにしても、ここで重要なのは、senseの原義である”感覚”を一般化し、広く外界(世界)を感じる性質ないし能力として”広義の感覚”というものを考えた人がいた事ではないだろうか。ここで、”感じる”ということは、”生きる”ということに比類するほどの広がりを持つことに注意したい。”感じる”ことを○○感と表現される場合に限っても、満腹感、満足感、幸福感、高級感、崇高感、正義感、違和感、一体感、存在感、等々のように、実存的なものから抽象的なものまで広がっている。さらに、こうしたヒトに特有の概念的な感じに留まらず、感じることは、すべての生き物が生きてある証し(あかし)でもあるから、感じるということを起点に世界をひとくくりにするような理屈を夢見る人は少なからずいたに違いない。晩年まで”美しい”という感じにこだわりを見せたカントのような人もそうした一人だったのだろうか。

我が国では、西欧哲学は混沌とした世界の中に秩序を与える見方(認識)や合理的思考を提供してきたと云われ、また実際私たちは、西欧の近代化の流れにのって生活している。が、哲学は常に正しいことを教えてくれるなどとは思わない方が良い。卑近な例として、センスの意味からsenseの原義である”感覚”という意味を消したのは哲学(関係)者でないかと推測されるのである。何故なら、西洋哲学では感覚は真理の邪魔をする存在と見なしてきたからだ。

話をはじめの課題に戻そう。そのため、senseの原義つまり、五感としての感覚を出発点に据え、その延長上で、五感の意味で感じる感覚とは別の”感じ”(感覚)について少し掘り下げていこう。感じること全体の広がりについては今後の課題とし、ここでは、伝統的な哲学を中心とした領域で”感じ”がどのように捉えられたかに注目する。いわゆる五感と呼ばれる感覚は個別感覚器に依存した身体的な能力であるけれど、西欧哲学では、それは人間の精神とは対極にあるという伝統的な見方がある。云い換えれば、(五感の)感覚の対極に精神(こころ)があるという枠組みであるが、こころで”感じる”ような働きを捉えるためには両者が重なった領域を考えざるを得ない。そのため、こころで感じるような働きには二通りのアプローチがあり得る。端的な方法は、精神の中に感覚的な働きを想定すること、つまり、”何か”を感じる精神(こころ)という見方である。この段階で、感じる対象として”芸術的な対象”を想定すれば、センスの第一の意味に採用されている「物事の微妙な感じを知る心の働き」を素直に受け入れることが出来るのでないだろうか。

もう一つのアプローチは、上の見方とは逆に、センスをあたかも心で感じているような感覚、つまり心(精神)のように働く感覚と把握しようとする。つまり、五感で感じる感覚は個別感覚器の機能によって、互いに異なる個別的なものを感じるのに対し、センスは、個別的感覚を超え、それらにはない複数の感覚にまたがりそれらを統合し外部世界の全体的感じを捉えるという(特徴)性質を持つと考えるのである。外部にある事物の全体を感じる働きは、実在を離れ想像による心(精神)の領域の働きとみなせることは、その典型的例として、甘いささやき、心に響く、といった日常生活を豊かにすることばの比喩的な使い方に現れている。

こころで感じるようなこうした働きは、芸術的な対象に限らず広い対象に対し、外部世界(事象)の全体的感じを捉える性質ないし能力として通用する、センスの基本的な一つの特徴と云えるだろう。

さらにセンスの基本的な特徴を考えよう。センスは感じるこころの働き、あるいは、こころで感じるような感覚であると云ったが、いずれにしても、感じるということによって、必然的にセンスには”瞬時の出来事”という特徴がある。とは云え、センスで大切なことは、感じることに判断が伴い、感じた瞬間すでに判断がなされている点である。これはもちろん、命題の連鎖によってなされる推論のような、理性の中核にある論理的判断とは別のものである。しかし、以上のセンスの特徴だけでは”○○はセンスの問題だ”という文言が周囲の者をたじろがせるような響きがある理由を説明するには足りないだろう。不足しているのは何か。センスは対象である様々な事物について、良し・悪しの判断を瞬時に下すからではないだろうか。良し・悪しは対象についての価値に関する判断である。対象はさまざま異なってもセンスは、一瞬のうちに各対象の全体的な価値を含む判断を下してしまうから、周囲の者はたじろがざるを得ないのではないだろうか。

これまでの議論をまとめておこう。まず、senseの原義から出発し、国語辞典にみられるセンスの第一の意味は、芸術的対象とくに美的なものを対象に作られたであろうこと、また、”心の領域で感じる”というセンスの基本的な特徴を考えることによって、とりあえず芸術分野をこえた対象にも通用すると思われるセンスの幾つかの機能を示した。しかし、芸術における鑑賞と異なり、運動を伴うスポーツや武術分野におけるセンスに限っても、それは行動と繋がっていて、一般化するためには、上述したセンスの特徴が、スポーツや武術などにおいて適切か更に吟味が必要である。

いずれにしても、”それはセンスの問題だ”という文言が当てはまりそうな分野は恐ろしく広く見える。その事実は何を意味しているのか、興味深いこれからの問題だろう。

sixth sense(第六感)、common sense(常識)、good sense (思慮、分別、良識)などセンスの第二の意味にも繋がりのある二つ目の議論がなお残ってしまった。それらについては、別の機会に取り上げることにしたい。

長島 知正        (2016-12-16)